高齢者が抱える介護の問題

超高齢化社会において、高齢者が抱える介護の問題としてまず挙げられるのが、経済的な問題です。現役を引退した方の収入はほとんど年金のみの場合が多く、介護が必要になった際に経済的に賄うことができない場合が多いです。特に老人ホームへの入所やデイサービスの利用に関わる料金は決して安くなく、十分な貯蓄がないと支払いが難しいです。そのほかの問題として、老老介護問題があります。寿命が延び夫婦ともに高齢化してくると、介護を担う人も高齢者になってしまうことがあり、経済的・身体的に負担が重くなります。身体介助が必要な場合、介助する側もケガや事故のリスクが高く、通院などの際も交通手段を手配する必要があります。老人ホームの利用など行う際も手続きや定期的な面会なども負担として重くのしかかります。介護を支える人がいないことも、問題としてあります。独居老人など、普段から人とかかわる事がない高齢者が寝たきり状態になってしまった場合、だれにも発見されず、そのまま孤独死してしまうことが増えてきています。また、一人暮らしの認知症高齢者が火の不始末や線路に入ってしまうなどして事故を起こすこともニュースで見かけます。こうしたことが起きないよう、地域で支える必要性があります。

バックナンバー

介護の凄い情報

新着情報

↑PAGE TOP