• トップ /
  • 高齢者の介護問題について

介護負担を減らしていくには

介護は高齢者に必要となることが多く、年齢を重ねていくなかでそのレベルも増していくことが多いです。それに対して家族への負担も増えていくことが重なり、様々な問題を生じています。昔に比べて共働きが増えていることで昼間独居となってしまうというケースも多いです。その事からも様々な面での工面も必要となります。それらに対して解決策としては介護保険の適応幅の拡大と施設の充実などがあげられます。保険は等級があり、それに応じて受けることが可能なサービスも変わります。しかしされはその保険の認定は対象となる高齢者の状態を基準に判定されるため家庭環境や背景因子は除いて結果が出ます。それを変えることは難しいですが、同じ等級でも受けることが出来るサービスの幅を広げることでよりニーズに合わせて利用することが出来ます。また中には昼間独居を避けたいという人もいます。そのためデイサービスやデイケアに加えてショートステイの利用など幅を広げることでそれぞれの家庭のライフスタイルに合わせた生活を送ることが出来ます。他にも様々な問題はありますが、これらが高齢者の介護問題の解決策のひとつになると言えます。しかし介護の状況も変化していくため、それに合わせて柔軟に解決策を見つけることも求められます。

バックナンバー

介護の凄い情報

↑PAGE TOP